恵那の希少植物

恵那野生植物の会で確認した植物を掲載しています。

植物名 科名 写真 環境省 岐阜県 備考
 ⅠA類(CR)
ヤチシャジン キキョウ科 ⅠA類(CR)  絶滅危惧I類 採種で自生地以外でも栽培を行っています。
 ⅠB類(EN)
ミヤマコウモリソウ キク科 ⅠB類(EN) 岐阜県での生育確認地は、恵那市の一部だけという稀な植物です。県のレッドデータには載っていません。
 シロヤマブキ  バラ科  ⅠB類(EN)
 Ⅱ類
 アオナシ  バラ科 Ⅱ類( VU)
 イトクズモ  ヒルムシロ科  Ⅱ類( VU)
 イヌカタヒバ  イワヒバ科  Ⅱ類( VU)
イヌセンブリ リンドウ科 Ⅱ類(VU)  絶滅危惧I類
 イワヨモギ  Ⅱ類( VU)
オオヒキヨモギ ハマウツボ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 葉がヨモギに似ていますがキク科ではなくハマウツボ科(以前はゴマノハグサ科)の植物です。カラカラに乾燥したしかも急峻な崖に好んで生育するという変わり者。
 オナモミ  Ⅱ類( VU)
キキョウ キキョウ科 Ⅱ類(VU) お花屋さんには色とりどりのキキョウの仲間がたくさん 飾られていますが、野生のキキョウはほとんど目にしな くなりました。
キンラン ラン科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 日本の野生蘭は、花や姿の美しさと小ぶりで扱い易さからか、すでにだいぶ前から乱獲が進み私たちの身近な山野から多くの種が姿を消してしまいました。
クマガイソウ ラン科 Ⅱ類(VU)  絶滅危惧I類 花はあまり格好が良いとはお世辞にも言えませんが、
葉の形が面白いです。恵那市内の自生地はそのほとんどが人手で大事に管理されています。しかし、森が暗くなり生育環境は決してよくありません。
 サヤマスゲ  Ⅱ類( VU)
 シオン  Ⅱ類( VU)
 シマジタムラソウ  Ⅱ類( VU)
シラタマホシクサ ホシクサ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 小さな本当に星のような丸い花を無数に咲かせた姿はなかなか見ごたえが有ります。そのように群生している湿地は恵那では数えるほどに少なく、決していい環境を呈しているとは言えない状況です。
スギラン ヒカゲノカズラ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 常緑性。全体トウゲシバに似ている。スギの葉に似た質がかた く濃緑色の葉を開出して密に互生する。
 スブタ  Ⅱ類( VU)  絶滅危惧I類
 ツクシクロイヌノヒゲ  Ⅱ類( VU)
 ノハラテンツキ  Ⅱ類( VU)
ハナノキ ムクロジ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 ハナノキ、ヒトツバタゴ、シデコブシの3種は東濃地方では三種の神器のような扱いを感じます。
 ヒダアザミ  Ⅱ類( VU)
ヒトツバタゴ モクセイ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 雄株と両性花株が有ります。以前、主な木を調べて回ったのですが、雄株が少ないように思えましたがほぼ半々でした。
マツラン ラン科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 ベニカヤランとも言われます。カヤランは2013年版岐阜県レッドデータからは生育地がたくさん見つかり安定しているという理由から外されました。
ミカワシオガマ ハマウツボ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 周伊勢湾要素植物あるいは東海丘陵要素植物と言われ、狭い限られた地域に生育する植物です。
 ミカワシンジュガヤ  Ⅱ類( VU)  絶滅危惧Ⅱ類
ミカワバイケイソウ シュロソウ科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 高山帯に生育するコバイケイソウが低地に下りたものがミカワバイケイソウで東濃全域で見かけられます。この地域固有の貴重な植物と言えるかと思います。
ミズオオバコ トチカガミ科 Ⅱ類(VU)  絶滅危惧I類 水田や溝に生える。葉は水中に根生し、縁が波状に縮れ、長さ10〜30cmで広披針形の葉を広げる。
 ミズマツバ  Ⅱ類( VU)
 ヤブムグラ  Ⅱ類( VU)
ユウシュンラン ラン科 Ⅱ類(VU) 絶滅危惧Ⅱ類 2005年に初めて見つけて以来毎年実態調査を行ってきました。最盛期は130本を数えたのですが近年は半減し更に林道工事のため生育地のほとんどが失われてしまいました。
 準絶滅危惧種(NT)
アギナシ オモダカ科 準(NT) オモダカと外見上花も葉も姿形よく似ていて見分けが難しいですが、繁殖の仕方が異なり、オモダカが地下茎の先に根塊を付けますが、アギナシの方は、葉の付け根にムカゴを付けます。
 イシモチソウ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
 イトモ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
エビネ ラン科 準(NT) 絶滅危惧Ⅱ類 市内ではとても少なくなってしまった植物です。野生ランの仲間はどれも収集の対象になってその数を減らしています。
 カキツバタ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
  カザグルマ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
 キバナハナネコノメ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
サギソウ ラン科 準(NT)  絶滅危惧I類 岐阜県ではⅠ類になっています。恵那市近郊 の湿地では一昔前は花摘みできるほどに群れ咲いてい たとか。
サクラソウ サクラソウ科 準(NT)  絶滅危惧I類 サクラソウの栽培歴史は相当に古く、現在自生地としている場所も人の手で植えられたものがほとんどということのようです。恵那市で最近見つかったものを遺伝子解析をしていただいています。
  サクラバハンノキ   準絶滅危惧種(NT)  準絶滅危惧種
シデコブシ モクレン科 準(NT) 絶滅危惧Ⅱ類 今更説明はいらないと思います。シデコブシ保存会の 方々が骨身を惜しまず保護活動をされております。山に咲くタムシバに比べると彩も白から紅、花弁の数も多く華やかさが感じられます。
スズサイコ キョウチクトウ科 準(NT) 準絶滅危惧種 薬草として有名なのはミシマサイコですが、このスズサイコは薬効はなさそうです。開けた明るい草原でイネ科 の植物に紛れて一本づつあまり群生をしないで生えて
います。花は早朝か夕方あるいは雨や曇りの日で、日差しの強い間は開きません。
 タコノアシ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
 タチキランソウ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧I類
  タチモ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧I類
 タヌキモ  準絶滅危惧種(NT)
ツメレンゲ ベンケイソウ科 準(NT) 準絶滅危惧種 地味な植物ですので古い石積みとかを修復する際に気付かずに取り払われている可能性が有ります。日当たりが良く昔ながらの石積みとかが有ったらよく探してください。
トキソウ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧I類
ハコネシロカネソウ キンポウゲ科 準(NT)  絶滅危惧I類 個体数は比較的多いですが一つの谷にのみ生育しています。素人目では、シロカネソウとの区別は難しく見分けできません。
ハスノハイチゴ  準絶滅危惧種(NT)
 ヒナザサ  準絶滅危惧種(NT)  準絶滅危惧種
 ヒメコヌカグサ  準絶滅危惧種(NT)  準絶滅危惧種
マネキグサ 準(NT) マネキグサの花は、小さくあまり見応えは無いかもしれませんがよく眺めると花弁の白い 縁取りが赤紫の地色と相まって印象的な花です
ミスミソウ  準絶滅危惧種(NT)  絶滅危惧Ⅱ類
ムギラン  準絶滅危惧種(NT)  準絶滅危惧種
ムラサキミミカキグサ  準絶滅危惧種(NT)
ヤクシマヒメアリドオシラン ラン科 準(NT)  絶滅危惧I類 アリドオシランに姿が似た所はあるが、花はまったく異なり、別属である。
ヤシャビシャク スグリ科 準(NT) Ⅱ類
 ヤマトミクリ  準絶滅危惧種(NT)
 絶滅危惧I類
 アワボスゲ   絶滅危惧I類
 イガクサ   絶滅危惧I類
 オオタマツリスゲ   絶滅危惧I類
 オオニガナ   絶滅危惧I類
 キイムヨウラン   絶滅危惧I類
クモラン ラン科  絶滅危惧I類 奇怪な植物と言ってよいかもしれませんね。なにせ葉も茎もなく根だけで木の上で生活しているのですから。樹肌に張り付いたその姿はまさに蜘蛛そのものの様です。
サクライカグマ オシダ科  絶滅危惧I類 岐阜県ではⅠ類です。確認された生育地は恵那市のみのごく狭い範囲です。羽辺は外先に付き柄がとても長いのが特徴です。
サワラン ラン科  絶滅危惧I類 ミズゴケ湿原に生える繊細な多年草。トキソウと時期を同じくして同じような場所に生えるが
 タマツリスゲ   絶滅危惧I類
 ツルカミカワスゲ   絶滅危惧I類
トウノウネコノメ ユキノシタ科  絶滅危惧I類 愛知、岐阜の限られた地域だけに生育しています。
 トキワシダ   絶滅危惧I類
トモエシオガマ ハマウツボ科  絶滅危惧I類 ミカワシオガマとの違いは見た目ではわずかで花が頂上に固まって巴状に巻くように付くという点以外あまりよく分かりません。
 ヌカスゲ   絶滅危惧I類
 ハンカイソウ   絶滅危惧I類
ヒゴスミレ スミレ科  絶滅危惧I類 恵那市のヒゴスミレのルーツはわかりませんが、生育状態はとても悪く風前のともしびです。種を採取して繁殖を試みようかと思案中です。
 ヒメフウロ   絶滅危惧I類
 ヒルムシロ   絶滅危惧I類
 マダイオウ   絶滅危惧I類
ミカワマツムシソウ マツムシソウ科  絶滅危惧I類 2005年にマツムシソウの変種として新しく発表された植物で、この地域特有の東海丘陵要素植物と言われています
ミツバコンロンソウ アブラナ科  絶滅危惧I類 背丈10-15cm位の小さい植物です。
 ミヤマナミキ   絶滅危惧I類
メヤブソテツ オシダ科  絶滅危惧I類 岐阜県でただの一か所、生育地が恵那市で見つかっています。2008年に最初見つけてから5年越しでようやく確定されⅠ類に2013年指定された経緯が有りますが、新聞発表の数日後にすべて盗掘されてしまいました。
 ヤマウツボ   絶滅危惧I類
 ヤマトキソウ   絶滅危惧I類
 ヤマユリ   絶滅危惧I類
絶滅危惧Ⅱ類
 アイナエ  絶滅危惧Ⅱ類
アズマレイジンソウ キンポウゲ科 Ⅱ類 花の形が少し違いますが、これもトリカブト属の植物で す。
ウマスゲ カヤツリグサ科 Ⅱ類 ヤマクボスゲに 似るが、葉はより厚くて軟らかい。
エンコウソウ キンポウゲ科 Ⅱ類
 エンシュウムヨウラン  絶滅危惧Ⅱ類
 オオアオスゲ  絶滅危惧Ⅱ類
オカオグルマ キク科 Ⅱ類 名前はオカオグルマ。水辺に咲くサワオグルマに対しての丘に咲く花という意味です。サワオグルマは恵那市内では見られませんが、このオカオグルマは数か所で見かけます。岐阜県内での生育地は主に東濃に集まっているようです。
 オケラ  絶滅危惧Ⅱ類
 オトコゼリ  絶滅危惧Ⅱ類
カキノハグサ ヒメハギ科 Ⅱ類 恵那市内では散発的に各地の山林で見られますがそんなに多い植物ではありません。
カワチブシ 絶滅危惧Ⅱ類
キシダマムシグサ 絶滅危惧Ⅱ類
コアゼテンツキ カヤツリグサ科 Ⅱ類 湿地、あぜなどに多く生育する。茎は丸く、根もとで分けつして多数そう生し株になる。
 ササバギンラン  絶滅危惧Ⅱ類
 シコクスミレ  絶滅危惧Ⅱ類
 シズイ  絶滅危惧Ⅱ類
 セキヤノアキチョウジ  絶滅危惧Ⅱ類
 ソクシンラン  絶滅危惧Ⅱ類
 ダンドタムラソウ  絶滅危惧Ⅱ類
 チャボイノデ  絶滅危惧Ⅱ類
 ドクゼリ  絶滅危惧Ⅱ類
 ナラガシワ  絶滅危惧Ⅱ類
ナンバンギセル ハマウツボ科 Ⅱ類 面白い植物ですね。ススキの根元にひょっこりと生えて 出ます。ススキに寄生してちゃっかり養分をいただいて いるとか。ススキは至る所にありますが、ナンバンギセ ルはあまり見かけません。
 ヒナノカンザシ  絶滅危惧Ⅱ類
 ヒメフタバラン  絶滅危惧Ⅱ類
 フクジュソウ  絶滅危惧Ⅱ類
 ヘビノボラズ  絶滅危惧Ⅱ類
 ホソエカエデ  絶滅危惧Ⅱ類
 ホソバヒカゲスゲ  絶滅危惧Ⅱ類
ホタルサイコ セリ科 Ⅱ類
 ミヤマタニワタシ  絶滅危惧Ⅱ類
 モリアザミ  絶滅危惧Ⅱ類
 ヤチスギラン  絶滅危惧Ⅱ類
 ヤナギスブタ  絶滅危惧Ⅱ類
 ヤブウツギ  絶滅危惧Ⅱ類
 ヨウラクラン  絶滅危惧Ⅱ類
 リョウノウアザミ  絶滅危惧Ⅱ類
 準絶滅危惧種
 アオフタバラン   準絶滅危惧種
 イヌチャセンシダ   準絶滅危惧種
 イワウメヅル   準絶滅危惧種
 イワショウブ   準絶滅危惧種
 ウナギツカミ   準絶滅危惧種
 エゾミソハギ   準絶滅危惧種
 オオアブラススキ   準絶滅危惧種
 オオシロガヤツリ   準絶滅危惧種
 オオヤマレンゲ   準絶滅危惧種
オミナエシ オミナエシ科  準絶滅危惧種 郊外の日当たりの良い草地ではまだあちこちで見られ る植物ですが生育地も減っています
 カキラン   準絶滅危惧種
カラタチバナ ヤブコウジ科  準絶滅危惧種 背丈の低い常緑樹で薄暗い樹林下に生えます。県内での生育数は少ないようですが恵那市では比較的多く目にします。背丈の割に大きなすらりと長く厚めの葉が印象的です。果実はふつう赤ですが、黄色のものも稀に有りキミタチバナといわれます。
ギンバイソウ ユキノシタ科  準絶滅危惧種 葉の先端が大きく切れ込み矢羽のようになるのですぐに見分けられます。花は白で、咲き始めはなかなかのものですが先終わりに近づくとだらしなくなる感じでパッとしません。
ギンラン ラン科  準絶滅危惧種 恵那市では、幻の蘭になりつつあります。自然環境のちょっとした変化にも敏感で、木曽川沿いでわずか生育していた株も道路拡張で付近の木が伐採され日当たりが強くなりすぎ乾燥化が進み消えてしまいました。
 クリンソウ   準絶滅危惧種
 ケシンジュガヤ   準絶滅危惧種
 コオニユリ   準絶滅危惧種
 コケイラン   準絶滅危惧種
 コシンジュガヤ   準絶滅危惧種
 シソクサ   準絶滅危惧種
シラヒゲソウ ユキノシタ科  準絶滅危惧種 山地の湿った草原などに生え,全体に毛はない。
ジンバイソウ ラン科  準絶滅危惧種 山地のやや乾いた落葉樹林内に生える
 スイラン   準絶滅危惧種
ツチアケビ ラン科  準絶滅危惧種 クモランも奇怪ですが、このツチアケビも負けていません。知らない人は何これ?!ですよね。名は地面に生えるアケビのイメージからだと思いますが、アケビの実というよりむしろソーセージがぶら下がっている様に見えませんか?
 ツルキンバイ   準絶滅危惧種
 ツルフジバカマ   準絶滅危惧種
トウカイコモウセンゴケ モウセンゴケ科  準絶滅危惧種 紅色の花を付けるトウカイコモウセンゴケはごく一部の地域で確認できる状態です。生育地は、明るく開けた水のしみ出る草地周辺で、しかし始終水の浸かる場所ではなく少し乾燥の進んだ場所を好む、というような気難しい植物。
 ナガホノナツノハナワラビ   準絶滅危惧種
 ナチクジャク   準絶滅危惧種
 ノコギリソウ   準絶滅危惧種
ヒツジグサ スイレン科  準絶滅危惧種 睡蓮の原種と言われ、雨の日に水面に浮かんでいる小さめの白い花は印象的でした。
 ヒメナミキ   準絶滅危惧種
 フモトミズナラ   準絶滅危惧種
 マツグミ   準絶滅危惧種
マツムシソウ  準絶滅危惧種
マネキシンジュガヤ  準絶滅危惧種
ミカワツツジ ツツジ科  準絶滅危惧種 愛知県東部の三河地方にのみ分布し、林の中や林の縁に生える。分類上は山躑躅(ヤマツツジ)の変種とされている。
ミズギク  準絶滅危惧種
ヤマハナワラビ  準絶滅危惧種
ヤマブキソウ  準絶滅危惧種
ヤワタソウ  準絶滅危惧種
ユウスゲ ワスレグサ科  準絶滅危惧種 自生地は少なくなりつつあります。キスゲとも呼ばれます。山沿いの集落の開けた草地で時折見られます。あまり群生することは無いようです。
ヨツバハギ  準絶滅危惧種
情報不足
アオイチゴツナギ 情報不足
カシワ 情報不足
キヨスミウツボ ハマウツボ科 情報不足 山地の木陰などに生える白色または淡黄色の寄生植物。
クヌギ 情報不足
シオジ 情報不足
タチネズミガヤ 情報不足
ムヨウラン ラン科 Ⅰ類 無葉つまり葉の無い蘭といことです。色味が地味でしかも薄暗い林の中に有るのでじっと目を透かしてもなかなか見えてきません。