特定外来植物

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律により日本在来の生物を捕食したり、これらと競合したりして、生態系を損ねたり、人の生命・身体、農林水産業に被害を与えたりする、あるいはそうするおそれのある外来生物による被害を防止するために、それらを「特定外来生物」等として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入等について規制を行うとともに、必要に応じて国や自治体が野外等の外来生物の防除を行うことを定められている生物のうち植物について記載している。13種類が該当する。

このうち身近な3種類について

○アレチウリ ウリ科 特定外来生物 植物防疫法指定生物 日本の侵略的外来種ワースト100

今、何とかして根絶したいと取り組んで駆除を進めています。まだ、恵那市は近隣の市に比べて良いほうで、今頑張れば将来アレチウリの脅威に悩まされずに済むと思います。一年草ですので、根気よく抜き取り、種をつけさせないことで繁殖を抑えることができます。似たような植物を見かけたら連絡してください。

○オオキンケイギク キク科 特定外来生物 日本の侵略的外来種ワースト100

外来生物法が制定される直前まで、ガーデニングや、緑化対策ワイルドフラワーとして推奨された面もありあっという間に全国に広まった。在来種との競合を言われているが、人間とは勝手なもの・・・

法律で栽培が禁止されているので注意してください。

 

 

○オオハンゴンソウ キク科 多年草 特定外来生物

まだ、さほど恵那市では見かけないですが、知らないでいるとあっという間に大繁殖ということになりかねません。数多い植物の中から指定されたものですので油断できません。野生化した、大型のキク科には注意してください。